男子|試合結果 リーグ戦VS城西大学

11月14(日)に行いました、リーグ戦VS城西大学の試合結果について御報告致します。
御報告が遅れてしまい大変申し訳ございません。

○本院96-86城西大学
①22-19
②26-15
③30-20
④18-32
以上の結果で勝利致しました。

上位得点者
①26得点 #30中川(3年)
②18得点 #5上銘(2年)
②18得点 #13黒田(2年)
③11得点 #2中島(3年)

〈副将 島田〉
リーグ戦2戦目は城西大学との試合でした。初戦を落としてしまい、また相手は5部から上がって来たチームなのでこの試合は大差で勝っておきたいゲームでした。試合内容としては序盤から思い切りの良いプレーでしっかりと得点を重ねることができ、相手チームのシュートタッチが好調だったもののリードして前半を終えることが出来ました。後半では開始からディフェンスから早い展開の攻めを中心に一気に点差を離すことに成功し、自分達が理想とするバスケが出来たと思います。
しかし控えメンバーになってからディフェンスのエラーなどにより相手のやりたいバスケットボールを展開され、悪い流れが続く時間が多くなってしまいました。結果として9点差で勝つことが出来ましたが、後味の悪い試合となってしまい課題も多く残りました。
次戦の東京農業大学戦も絶対負けられない試合なので、課題点を修正し自分達のバスケットボールを展開して勝ちます。

______________________

〈後藤コーチ〉
リーグ2戦目はvs城西大学との試合でした。
本院は既に1敗していた為、なんとしても勝たないといけない試合でした。
試合序盤は怪我から復帰した上銘のシュートで得点を重ねましたが本院は安易なミスが多く3点差で1Q終了。
2Qは安易なミスとチームディフェンスを修正することでなんとか相手の得点を抑えることができました。またオフェンス面でも島田のドリブルアタックからのシュート、パスがいい流れを掴んでいました。
その後もいい流れを継続して3Q修了時には78-54と24点リードで4Qを迎えました。
4Qが始まる前には最終スコア90-60で終われるようもう一度しっかりとディフェンスして速攻を出していこうと目標を立て挑みましたが、結果的にはオフェンスが全く機能せず、逆に相手に早い展開で得点を取られてしまい最終スコア96-86で勝利となりました。

3部昇格するには負けられない試合が続きますので引き続きご声援の程、よろしくお願い致します。

______________________

新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、少しずつではございますが有観客で試合を行える機会が増えて参りました。今後の試合に関しましても、詳細が更新されましたら随時御報告させて頂きます。
ご支援頂いている全てのOB・OGの皆様に勇姿をお見せできるよう、これからも日々の練習に励んで参ります。

学習院大学籠球部男子マネージャー 濱口夏希

男子|速報 リーグ戦③VS東京農業大学

本日行いました、
リーグ戦③VS東京農業大学
の試合結果についてご報告致します。

×本院 64-94 東京農業大学
①11-25
②17-27
③18-18
④18-24

以上の結果で負けました。

詳細につきましては後程ご報告致します。
よろしくお願い致します。

学習院大学籠球部男子マネージャー伊藤そら

男子|速報 リーグ戦②VS城西大学

本日行いました、
リーグ戦②VS城西大学
の試合結果についてご報告致します。

○本院 96-86 城西大学
①22-19
②26-15
③30-20
④18-32

以上の結果で勝ちました。

詳細につきましては後程ご報告致します。
よろしくお願い致します。

学習院大学籠球部男子マネージャー伊藤そら

男子 結果報告|練習試合VS横浜国立大学

本日行いました、
練習試合VS横浜国立大学
の試合結果についてご報告致します。

〇本院 44-41 横浜国立大学
① 14-22
② 30-19

上位得点者
①13得点 #56 中川(3年)
②8得点 #2 中島(3年)
②8得点 #4 黒田(2年)
③6得点 #0 廣崎(4年)
③6得点 #11 成田(1年)

以上の結果で勝利致しました。

--------------------
本日の練習試合はリーグ戦期間中ということもあり、ハーフゲームでの開催でした。
次の試合に向けて、今後とも感染対策を徹底しながら練習を行って参ります。ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

学習院大学輔仁会籠球部 マネージャー松橋ひな

男子|試合結果 リーグ戦VS一橋大学

先日行いました、
リーグ戦VS一橋大学
の試合結果について御報告致します。
御報告が遅れ申し訳ございません。
本院 53-68 一橋大学〇
①11-11
②10-22
③18-14
④14-21

上位得点者
①15得点 #30 中川(3年)
①15得点 #13 黒田(2年)
②7得点 #17 遠藤(4年)
②7得点 #1 廣崎(4年)
③4得点 #34 高久(3年)
③4得点 #46 保科(2年)

〈主将 遠藤〉
リーグ戦初戦は一橋大学さんでした。久しぶりの公式戦、そして初戦ということもあり試合序盤からプレーが硬くなってしまいました。そのため前半終了時に12点ビハインドと苦しい試合展開となりました。後半に巻き返しを狙いましたが、終始プレーの硬さがとれず53-68で敗戦という悔しいものとなってしまいました。この試合は最後まで自分たち本来のプレーができず、結果だけでなく内容でも多く課題が残るものとなりました。次の試合まで1ヶ月空きますが、課題を克服し必ず勝つために練習に励みたいと思います。難しいご時世ではございますが応援のほどよろしくお願い致します。

―――――――――――――――――――
〈後藤コーチ〉
リーグ戦1回戦目はvs一橋大学との試合でした。
8月の練習試合ではディフェンスがうまくいかず敗戦している相手だったので主にディフェンスにフォーカスして試合に臨みました。

試合序盤はリーグ初戦ということもありお互いシュートが入らず同点の時間帯が続きましたが、相手のディフェンスプレッシャーが激しくなったところで本院がミスを連発しました。ただ廣崎の1対1やオフェンスリバウンドからの得点もあり12点差で前半を折り返しました。
後半には点差を縮めるため本院もディフェンスプレッシャーの徹底、フリーランスオフェンスの動きなどを再度確認しました。その甲斐もありディフェンスでは中川が相手のミスを誘発してうまくいっている印象を受けました。
しかし本院はディフェンスリバウンドが取れず、逆に相手はセカンドチャンスなどをしっかりと決めて最終スコア53-68で敗戦となりました。

今回の敗戦でチームとして下記の課題を挙げました。
①ボックスアウトの徹底(特に3線ポジションからのボックスアウト)
②速攻の精度をあげる
③ディフェンスプレッシャーの徹底
また総じて一橋大学の方がボールへの執念(リバウンド・ルーズボール)が強い印象でした。

次戦の城西大学戦まで残り1ヶ月あります。チームとして課題を克服できるよう練習して万全の準備をしていきたいと思います。

引き続き応援の程、宜しくお願い致します。
―――――――――――――――――――
直前まで開催が危ぶまれたリーグ戦ですが、ようやく初戦を迎えることが出来ました。新型コロナウイルス感染症の影響により、無観客試合となってしまいましたが、選手たちは続く城西大学との試合に向けて日々練習に励んでおります。
三部昇格に向けて、新しいことにもチャレンジしながらチーム力を高めて参りたいと思います。
新型コロナウイルス感染症が徐々に収束に向かっており、リーグ戦においても一部有観客で行っている試合もございます。今後の試合について、詳細が更新されましたら随時御報告させて頂きます。
OB・OGの皆様にご支援頂き、このように選手が日々の練習に取り組めております。改めて感謝御礼申し上げます。
今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

学習院大学籠球部マネージャー 松橋ひな