男子|試合結果 デベロップメントリーグVS開智国際大学

先日行いました、
デベロップメントリーグVS開智国際大学
の試合結果についてご報告致します。
ご報告が遅れ申し訳ございません。
○本院 110-52 開智国際大学
①37-16
②24-4
③24-21
④25-11

上位得点者
①25得点 #30 中川(2年)
②20得点 #17 遠藤(3年)
③18得点 #46 保科(1年)
以上の結果で勝ちました。
<主将 遠藤>
development leagueは開智国際大学さんとの一戦でした。新チームになって初めての公式戦ということで、ハードなディフェンスを目標に試合に臨みました。前半から相手が5部で格下ということもあり本院がリードする展開が続きました。後半でも点差を広げ110-52で勝利することができました。試合には勝利しましたが、チームディフェンスなどで課題が多く見えた試合となりました。思うように活動できない日々ですが限られた時間で課題を改善し、リーグ戦代替大会に臨みたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<荻野コーチ>
まず初めに今年度のチームは3部に昇格することを目標においているチームです。本日の試合の対戦チームは5部の新規参入チームでした。チームとしても個人としても技術や体力、精神面で圧倒的に勝つことがあたりまえです。

これまで、練習ではデフェンス強化とトランジション強化を行ってきました。
具体的にディフェンスではボールマンにワンアーム、2線3線のポジショニングを、トランジションではウイングポジションの走りだしを練習してきました。今回の試合の注目点です。

試合を通して、1線からプレッシャーをかけようとする選手の姿勢は見えましたが、足がまだまだついていけてません。2線3線はポジショニングが悪かったです。自分のマークマンとボールマンを同時に見ることができていません。トランジョンにおいてウイングの走りだしは全くできてなかったですが、ボールマンのプッシュは良かったです。

今回の試合は3部を目指すチームとしては100点中20点くらいの出来だと思います。

チームとしても個人としてもまだまだ力をつけなければなりません。コロナで個人練習中心になっていますが自分自身の力を伸ばすいい機会だと思います。そこに対してスタッフがしっかりとサポートをし、個人能力を伸ばしていきたいと思います。

御礼

この度、コロナによって練習環境のない中で、OB・OGの皆様の援助により公共体育館を借りてチーム練習を行うことができました。また、親御様の御理解のお陰で選手たちも練習することができています。
改めてバスケをする為に多くの方々の御支援、御協力があることを実感いたしました。これらに対して我々はバスケットボールで恩返しするしかないと思います。選手スタッフ一同これからも精進し、成長した姿を皆様に見せたいと思います。
今後とも御指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今大会は新チームでの初試合でした。無観客試合という、例年とは異なった環境の中で、初めは戸惑いもありましたが、無事に勝利することができました。
新たな課題も見つかり、12月のオータムカップ2020に向け、より一層精進して参りたいと思います。
冬に向け、新型コロナウイルス感染症への対策にもより一層力を入れ、感染対策に務めて参ります。
重ねながら、OB・OGの皆様には体育館費用として沢山のご寄付を賜り、感謝申し上げます。
今後とも引き続き変わらぬご声援をよろしくお願い申し上げます。

学習院大学籠球部マネージャー 伊藤そら

男子|速報 デベロップメントリーグVS開智国際大学

本日行いました、
デベロップメントリーグVS開智国際大学
の試合結果についてご報告致します。

○本院 110-52 開智国際大学
①37-16
②24-4
③24-21
④25-11

以上の結果で勝ちました。

詳細につきましては後程ご報告致します。
よろしくお願い致します。

学習院大学籠球部マネージャー 伊藤そら

男子|結果報告 練習試合VS成蹊大学

10/10(土)に行いました、
練習試合VS成蹊大学(四部下位リーグ3位)
の試合結果についてご報告致します。
ご報告が遅れ申し訳ございません。

本院VS成蹊大学

①14-16
②22-15
③10-18
④18-12
⑤10-28

以上の結果となりました。

COVID-19の影響で、例年のように練習試合を組むことが難しい中で開催に尽力して下さった成蹊大学の皆様に感謝申し上げます。
また、近隣の体育館を借りての練習に際して、多くのOB・OGの皆様からご寄付を賜りました。選手の練習環境確保のために使用させていただきます。ありがとうございました。
今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

学習院大学籠球部マネージャー 松橋ひな

男子|結果報告 練習試合VS一橋大学

3/1(日)に行いました、
練習試合VS一橋大学(四部9位)
の試合結果についてご報告致します。
ご報告が遅れ申し訳ございません。

本院VS一橋大学
①21-19
②19-24
③14-18
④19-27
⑤18-24
⑥21-30
⑦29-7

以上の結果となりました。

<主将 野山>

本日は一橋大学さんとの練習試合でした。
今シーズン最初の試合はこのチームの
現状を知る良い機会となりました。
今年は足を動かし、堅いディフェンスから
簡単なオフェンスへ持っていく
堅守速攻を目標に掲げています。
今回の試合では脚力・体力が
まだまだ足りておらず、
堅守速攻を体現することはできませんでした。
しかし、脚力・体力の向上といった課題が
明確になったので、
これからの日々の練習では、
より強度を高めてチーム全体で
レベルアップできるように努めて参ります。
今年は必ず、もっと応援したい。
観ていて楽しい。
と思ってもらえるような試合を
OB・OG・保護者の皆さまに提供します。
引き続きご声援の程よろしくお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日ご報告を致しました通り、
新型コロナウイルスの影響により、
3/31まで活動を自粛させて頂きます。
活動再開に向け、
各自出来ることを最大限行い、
4月からの練習に臨みます。

学習院大学籠球部マネージャー 伊藤そら

男子 結果報告 入れ替え戦VS工学院大学

先日行いました、
入れ替え戦VS工学院大学(五部8位)
の試合結果についてご報告致します。
ご報告が遅れ申し訳ございません。

○本院 84-76 工学院大学
①19-13
②17-23
③30-23
④18-17

上位得点者
①28得点 #4 野山(3年)
②19得点 #30 中川(1年)
③12得点 #11 秋篠(3年)

以上の結果で勝ちました。

<主将 野山>
今シーズン最後の試合は
入れ替え戦VS工学院大学でした。
出だしは相手の勢いに押されてしまい
苦しい時間がありましたが、
なんとか自分たちの流れに持っていき
勝利する事ができました。
相手がどうこうよりも、
自分たちのバスケットを
40分間やり通せた事は大きな収穫でした。
反省点は多々ありますが、
来シーズンにしっかり活かせるように
頑張ります。
たくさんのご声援ありがとございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<富田コーチ>
入れ替え戦VS工学院大学でした。
結果は勝利し、四部残留となりました。
内容としてはなんとしても
四部昇格を果たしたい工学院大学の
必死なプレーに最終ピリオドまで
接戦となりました。

リーグ戦が終わり、
入れ替え戦までに練習した
オフェンスがうまく機能し、
リードされたのは一瞬であり、
僅差ながらリードする時間が多く、
辛勝に繋げました。
厳しい時間が長く続きましたが、
選手たちがコミュニケーションを取り合い、
よく我慢し、戦い抜きました。
1次リーグまでの本院であれば、
負けていたかもしれません。
この2ヶ月で大きく成長したと思います。
来期こそは目標達成をしたいと思います。

長丁場のリーグ戦に何度も足を運び
応援して下さった皆様、
本当にありがとうございました。
今後ともご声援を宜しくお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月13日(水)をもちまして、
第95回関東大学バスケットボールリーグ戦
入れ替え戦が終了致しました。
入れ替え戦に勝利したため、
来年度も引き続き四部リーグでの
戦いとなります。

約2ヶ月間、
厳しい試合が続く中、
試合や練習に足を運んでくださり、
熱いご指導・ご声援を
誠にありがとうございました。
また入れ替え戦におきましても、
平日の昼間という時間帯にも関わらず、
沢山の方に足を運んで頂き、
選手や私どもスタッフとしましても、
大変心強く、励みとなりました。
新体制となりましても、
引き続き変わらぬご声援を
よろしくお願い申し上げます。

11月24日(日)より、
新体制での本練習を開始致します。

尚、他試合結果につきましては、
お手数をお掛けしますが
関東大学バスケットボール連盟
ホームページをご覧ください。

学習院大学籠球部マネージャー 伊藤そら