男子|結果報告 リーグ戦入れ替え戦VS桐蔭横浜大学

先日11月11日(金)に行いました、
リーグ戦入れ替え戦VS桐蔭横浜大学(三部10位)の試合結果についてご報告いたします。
ご報告が遅くなり申し訳ございません。

○本院 79-62 桐蔭横浜大学
①20-22
②20-12
③21-16
④18-12

以上の結果で勝利致しました。

上位得点者
①30得点 #5 岡本(1年)
②19得点 #30 中川(4年)
③17得点 #13 黒田(3年)

〈主将 中川〉

入れ替え戦の相手は桐蔭横浜大学さんでした。
1Qの試合開始とともにファーストオフェンスで#46保科(3年)が3Pを決め、良い形で試合のスタートを切りました。そして、#2中島(4年)を中心としたオールコートプレッシャーディフェンスを行い、#5岡本(1年)がスティールを成功させました。しかし、相手の#7のリバウンドやセンタープレーを止められず、簡単な得点を許してしまい、20-22で1Qを終えました。
2Qでは、開始から#13黒田(3年)の3Pや#5岡本(1年)の速攻で得点を重ね、相手にタイムアウトを取らせました。タイムアウト後、本院はよりディフェンスの強度を上げ相手に簡単な得点を許しませんでした。一時、#6に2本の3Pを取られてしまいますが、#34高久(4年)のフリースロー2本とゴール下のシュートを決めきり、40-34と本院リードの形で前半を終えました。
3Qは、相手の前からのディフェンスに何度かミスを誘発されてしまいますが、ガードとセンターのパス交換でボール運びを行い、本院の得点を重ね続けました。そして、#5岡本(1年)の鋭いドライブでの得点で12点差をつけ、相手にタイムアウトを取らせました。その後のペースも本院が掴み取り、61-50で4Qへと繋げました。
4Qでは、開始から相手に3Pの失点を許すことがありましたが、それでも本院のペースを崩さず、#46保科(3年)のゴール下での得点や#13黒田(3年)の3Pでさらに相手をつき離していきました。そして、最後まで本院は気を抜かず試合を進めていき、最終スコア79-62で勝利を収め、見事三部昇格を勝ち取れました。

本試合の結果により、今シーズンの最終目標として設定した「三部昇格」を達成することができました。今シーズンは四大戦、甲南戦ともに優勝、リーグ戦四部3位、そして入れ替え戦での勝利(三部昇格)。近年でも輝かしい成績を収められたと思っています。これも、日々厳しい練習をこなしてきた選手や練習・試合の指導、指揮を取ってくださったスタッフおよび学生コーチ、そしてコロナ禍でも男子バスケットボール部への厚い支援、応援のため遠方から試合まで足を運んで下さったOB・OGの皆様のおかげです。ありがとうございました。今シーズンは、本試合をもって終了となりますが、これからも学習院大学男子バスケットボール部の応援、何卒よろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈学生コーチ 森島〉

今季最終戦であった入れ替え戦は、私たちが目標としてきたバスケットを展開できたゲームでした。
1Qの先制点を皮切りに、相手に主導権を握られることなくゲームを進め、チームとしてのスコア目標である80-60に近い形で勝利を収めることが出来ました。
ゲームを通して、コート内外問わず全てのメンバーがひとつとなり、各自の役割を遂行できたことが大きな勝因です。

本戦は、チームが1年間これほど多くの方々に支えられてきたのだと再認識できる試合でもありました。
信じられないほど多くの皆様の会場での応援や、その何倍もの方々のご支援、応援は、本当に我々の力になりました。
深く御礼申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月11日(金)をもちまして、
第98回関東大学バスケットボールリーグ戦全ての試合が終了致しました。
本院は入れ替え戦で勝利を収めたため、三部昇格を果たし、来年度は三部リーグでの戦いとなります。

約2ヶ月間、
無観客の試合も多く思うように皆様に試合をご覧いただくことはできませんでしたが、限られた環境の中でも、多くのご声援を頂き誠にありがとうございました。
特に入れ替え戦は平日にも関わらず、大変多くのOB・OGの皆様、保護者の皆様が会場に足をお運び頂いたことで、選手スタッフ一同、大変心強く、励みとなりました。

今年度は四大戦優勝、甲南戦優勝、リーグ戦三部昇格を果たし、良い形で締めくくることができました。

また、リーグ戦ではzoomでのオンライン配信を行うことで、より多くの皆様にご覧頂く機会を設けることができるよう取り組んで参りました。
今後も、日頃ご支援頂いている皆様に少しでも恩返しができるよう日々励んで参ります。
来年度も引き続き変わらぬご声援よろしくお願いいたします。

なお、他試合結果につきましては、
お手数をお掛けしますが
「関東大学バスケットボール連盟」
ホームページをご覧ください。

学習院大学籠球部男子マネージャー 伊藤そら

男子|速報 リーグ戦入れ替え戦VS桐蔭横浜大学

本日行いました、
リーグ戦入れ替え戦VS桐蔭横浜大学
の試合結果についてご報告致します。
○本院 79-62 桐蔭横浜大学
①20-22
②20-12
③21-16
④18-12

以上の結果で勝利致しました。

詳細につきましては後程ご報告致します。
よろしくお願い致します。

学習院大学輔仁会籠球部男子マネージャー 堀越玲菜

男子|結果報告 リーグ戦2次リーグ⑧VS武蔵大学

先日10月30日(日)に行いました、
リーグ戦二次リーグ⑧VS武蔵大学(1次リーグBブロック2位)の試合結果についてご報告致します。
ご報告が遅くなり大変申し訳ございません。

○本院 89-85 武蔵大学
①17-18
②24-18
③20-24
④19-20
延長9-5

以上の結果で勝利致しました。

上位得点者
①25得点 #5 岡本(1年)
②24得点 #30 中川(4年)
③15得点 #13 黒田(3年)

〈主務 高久〉

リーグ戦最終戦は武蔵大学さんとの対戦でした。
序盤はハーフコートオフェンスがうまくいかず、ミスショットやTOから走られ点を取られてしまう場面が多くありました。それでも#5岡本(1年)のミドルシュートなどで打開し、17-18で1Qを終えます。2Qでは、スリーポイントやセカンドチャンスから全員がバランスよく得点し、41-36で本院がリードしました。後半も拮抗した展開が続きます。ブレイクや外のシュートで本院が得点を重ねる一方、ディフェンスでは相手の得点源を止めきることができませんでした。4Q中盤では最大8点のリードを許しましたが、#13黒田(3年)のスリーポイントなどで追いつき、延長戦にもつれ込みました。延長戦でも最後の最後まで拮抗し続けましたが、#5岡本(1年)がフリースローを決め切り、89-85で本院が勝利いたしました。
2試合連続の延長戦となりましたが、接戦を勝ち切ることができたのはチームとして良い経験となりました。しかし、そもそも接戦にならないために、ディフェンスのピックアップの部分や、ハーフコートゲームになったときの攻め方、守り方などを詰め直す必要があります。練習中のコミュニケーションからアップの雰囲気まで、勝つために何ができるのか考え、残りのシーズンを過ごしたいと思います。
今回の試合で四部のリーグ戦は終了し、本院は24チーム中3位で入れ替え戦へ進出することとなりました。全勝優勝で三部昇格という当初の目標は叶いませんでしたが、まだ三部に上がるチャンスは残されています。また、この試合がこのメンバーでできる最後の試合となります。厳しい戦いが予想されますが、皆様に今シーズンの集大成を見せられるよう最後まで全力で戦い抜きますので、応援の程よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈後藤コーチ〉

リーグ最終戦は武蔵大学との試合でした。
四大戦では30点差以上で勝利した相手ではありましたが、結果的にかなり苦戦を強いられた試合展開となりました。
試合を通して相手の3Pシュートが良く決まっていましたが、本院のシュートチェックの甘さや、2線が寄りすぎてしまい簡単にキックアウトパスを出されて気持ちよくシュートを打たれるシーンが多々ありました。
ディフェンスは本院の強みでもあるので、もう一度ディフェンスの強度を見直して入れ替え戦に挑みたいと思います。
今期はあと1試合、しかも三部への入れ替え戦となります。
ここまできたら技術云々よりもどれだけコートに勝ちたい気持ちを出せるかが重要です。
4年生が中心となり昇格できるよう頑張りますので引き続きご声援の程、よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上をもちまして、
本院は四部3位となり、三部昇格をかけた入れ替え戦に臨むこととなります。
「三部昇格」の目標に向け掴んだチャンスの試合、必ず勝利いたします。

3年振りに例年通りの開催となり連戦続きのリーグ戦に、初めは選手に戸惑いの色も見られました。
しかし、試合を重ねる毎に、精神面体力面共に成長を感じ、リーグ戦終盤では1戦も落とせない緊迫した状況が続ましたが、接戦や延長戦となった試合も勝ち切ることが出来ました。

今シーズン最後の試合となる入れ替え戦は、有観客での開催となります。
長年掲げてきた「三部昇格」の目標に向け、部員一同全力で戦って参ります。
平日開催となりますが、是非足をお運び頂き、今シーズンの集大成となる姿をご覧頂けますと幸いです。

次回の試合は、
11月11日(金)
17:00トスアップ
入れ替え戦VS桐蔭横浜大学(三部10位)
駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館
にて行われます。

お忙しいこととは存じますが、
ご声援の程よろしくお願いいたします。

<会場案内>
◯駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館
東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線
「駒沢大学」駅より徒歩20分

学習院大学籠球部男子マネージャー 伊藤そら

男子|試合結果 リーグ戦⑭VS東京都市大学

10月23日(日)に行いました、
リーグ戦二次リーグ⑦VS東京都市大学(一次Bブロック1位)の試合結果についてご報告致します。
ご報告が遅くなり申し訳ございません。

○本院 112-102 東京都市大学
①29-15
②21-27
③18-28
④26-24
延長18-8

以上の結果で勝利いたしました。

上位得点者
①32得点 #5岡本(1年)
②26得点 #13黒田(3年)
②26得点 #30中川(4年)
③13得点 #2中島(4年)

〈副将 中島〉

二次リーグ7試合目の相手は東京都市大学でした。3部入れ替え戦以上が確定するかどうかの試合でした。
1Qの入り出しが良く、ディフェンスからの速攻により、29-15で本院がリードする形になりました。
しかし、続く2Q、3Qでは自分達のペースを掴むことができず、相手のスリーポイントが多く決まり、68-70と逆転を許し、4Qに入ることになりました。
4Qでも思うようなプレーができず、残り40秒まで4点差で負けていましたが、前からのプレッシャーディフェンスにより何とか延長まで入ることができました。
延長戦では相手の主力のファールアウトや本院のディフェンスが機能し、最終的に、112-102で勝利することができました。
今回の試合で入れ替え戦以上が確定しましたが、最後まで気持ちを引き締め、リーグ戦を最高の形で締め括れるよう、部員一同頑張って参ります。
引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。

__________________

〈志津コーチ〉

今日の試合は、勝つと自動昇格の可能性が、負けると5位以下になる可能性が出てくる大勝負でした。
OB・OGの皆様にはぜひ試合のビデオを観ていただくといいのですが、延長戦にもつれる激しいシーソーゲームで、第三者としては見応えのある試合だと感じます。反省点の多いスタッフとしては、かなりスリリングな試合でした。

▼反省点
ジャッジの基準が掴めず、両チームとも慣れないプレイイングを求められました。痺れを切らした我々は2回のベンチテクを取られてしまいました。

▼勝因
後半の#2中島(4年)と#10鈴木(1年)のディフェンスが勝因になります。相手のハンドラーが外も当たり始めて、連続得点してきたのに対して、2人が交代し合ってフェイスガードで対応しました。それによって相手のオフェンスリズムが崩れてミスが増え、本院は流れをつかむことができました。

▼ハイライト
#13黒田(3年)の逆転スリーは見どころです。ゲーム終盤2点ビハインドの状況。相手エースが5ファールで退場したので延長戦なら体力差で優位に立てると踏み、確実に2得点して同点延長を意識しました。そのベンチの意図とは反対に、大事なオフェンスで#13黒田(3年)はスリーを放ちました。彼がそれを決め切ったおかげで逆転成功。敵も味方も裏切るハイライトでした。
その後また得失点し、延長戦にもつれ込んでしまいましたが、主力不在の相手チームを危なげなく抑え込みました。

以上のような印象的なシーンが多い試合なので、是非ビデオをご覧くださいませ。
この結果によって、他チームの試合結果にもよりますが、来週勝てば2位通過が見えてきます。来週も応援のほどよろしくお願いします。

__________________

次戦は10月30日(日)に本院体育館にて行いました、
リーグ戦二次リーグ⑧VS武蔵大学(1次Bブロック2位)
です。

ファールゲームに接戦と、激しい展開が続く試合となりました。
敗退すれば4部残留が確定する緊迫した雰囲気の中での延長戦でしたが、前日の黒星やプレッシャーに負けず、
本院らしいディフェンスで相手チームの得点を抑え、
10点差で勝利を掴むことができました。
本試合結果をもちまして、本院の順位は4部4位以上が決定し、3部への自動昇格または入れ替え戦進出が確定いたしました。

本試合は観客人数の制限を設けての開催となりました。
観戦希望とのご連絡を沢山の方から頂けたにも関わらず、制限の都合上、
心苦しくもご来場をお断りせざるを得なかったOB・OGの皆さま、保護者の方々、誠に申し訳ございませんでした。
遠方ながらもご足労頂きました保護者の皆さま、有難うございました。

リーグ戦も終盤に差し掛かり、今シーズンも残り僅かとなって参りました。
OB・OGの皆さま、保護者の皆さまをはじめ、沢山の方々に支えて頂いている感謝の気持ちを結果としてしっかり残せるよう、
一回一回の練習に励み、全力で試合に挑む所存でございます。
お忙しい事とは存じますが、より一層ご声援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

学習院大学輔仁会籠球部男子マネージャー 濱口夏希

男子|速報 リーグ戦2次⑧VS武蔵大学

本日行いました、
リーグ戦2次⑧VS武蔵大学
の試合結果についてご報告致します。
○本院 89-85 武蔵大学
①17-18
②24-18
③20-24
④19-20
延長9-5

以上の結果で勝利致しました。

詳細につきましては後程ご報告致します。
よろしくお願い致します。

学習院大学輔仁会籠球部男子マネージャー 堀越玲菜