女子 練習試合結果報告

先日行われました、練習試合の結果をお知らせ致します。

○学習院63-55日本女子体育大学
①18-4
②12-16
③17-12
④16-13

◯学習院16-14日本女子体育大学(10分×1Q)
①16-14

×学習院15-24日本女子体育大学(10分×1Q)
①15-24

学習院大学籠球部女子マネージャー1年森川菜摘

男子|速報 四大戦③VS成蹊大学

本日行いました、
四大戦③VS成蹊大学
の試合結果についてご報告致します。

〇本院 78-69 成蹊大学
①19-7
②19-16
③21-19
④19-27

以上の結果で勝利致しました。

詳細につきましては改めてご報告致します。
よろしくお願い致します。

学習院大学籠球部男子マネージャー 関口愛奈

男子|結果報告 四大戦②vs武蔵大学

6月19日(日)に行われました、
四大戦②vs武蔵大学の試合結果についてご報告致します。
ご報告が遅くなり大変申し訳ございません。

○学習院85-54武蔵大学
①27-6
②19-16
③19-15
④20-17
以上の結果で勝利致しました。

上位得点者
①28得点 #13黒田(3年)
②16得点 #34高久(4年)
③14得点 #5岡本(1年)

________________________

〈副将 中島〉
四大戦2日目の相手は武蔵大学でした。試合序盤は自分達がこれまで練習してきた、ディフェンスからの速攻で点を取ることができ、1Qは27-6で大幅なリードをすることができました。しかし、2Qからは点差を詰められないものの、広げることができませんでした。その原因として、自分達の代が始まって以降スタッフさんに言われ続けている「体力」が挙げられます。
最終的には85-54で勝利することができましたが、この課題である体力面を克服しない限り、甲南大学やリーグ戦は勝ち上がれないと思います。
これから更に暑い日が続き体力の消耗も激しいと思いますが、チーム一丸となってハードワークを徹底し、体力で負けることがないようにしていきたいと考えてます。
引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。

________________________

〈後藤コーチ〉
4大戦、2戦目は前日に逆転勝利をして勢いに乗る武蔵大学でした。
本院としては成城戦でうまくいったことをベースとしてさらに細かいところのレベルアップを目的として試合に臨みました。

成城戦に続き試合開始直後から1線プレッシャーから速攻という良い形で11-0のランの決めることができたのはプラスでしたが、連戦の疲労からか徐々に集中力が切れ始め、逆に相手にとって気持ちの良いバスケットをさせてしまったのは課題でした。
又、まだ2線プレッシャーやリバウンド、ルーズボールなどの詰めの甘さが課題として残るような試合になってしまったと思います。

ただ甲南戦やリーグ戦に向けて我々が求めることが徐々に定着し始めているということは大きな収穫です。

6月26日(日)には因縁の相手でもある成蹊大学との試合があります。なんとしても本院らしさを出して優勝を目指したいと思いますので引き続きご声援の程、よろしくお願い致します。

________________________

18日、19日と久しぶりの有観客開催を行う事ができました。
たくさんのご観戦、応援誠にありがとうございました。
引き続き、部員一同励んで参ります。

学習院大学籠球部男子マネージャー 濱口夏希

男子|結果報告 四大戦①vs成城大学

6月18日(土)に行われました、
四大戦①vs成城大学の試合結果についてご報告致します。
ご報告が遅くなり大変申し訳ございません。

○学習院108-56成城
①26-10
②33-17
③25-14
④24-15
以上の結果で勝利致しました。

上位得点者
①16得点 #13黒田(3年)
②15得点 #34高久(4年)
③14得点 #30中川(4年)

〈主将 中川〉
四大戦の初戦の相手は成城大学でした。
前回のスプリングトーナメントの1回戦目で勝利を収めた相手ですが、前回の結果にとらわれず、そしてチャレンジャーとして気を緩めず初戦の試合へ挑みました。その姿勢もあって1Qでは、ガード陣を中心としたディフェンス力とアップテンポのオフェンスで相手を圧倒し、26-10とリードを取ることができ、その勢いのまま前半をさらに59-27とさらに点差をつけました。
そして、後半でも前半同様のプレイを継続することができ、結果的に108-56と約50点のリードで勝利を収めることができました。
今回試合では全体を通し、オフェンスでは誰か1人の選手が得点を量産するのではなく、全員が満遍なく点数を取れていることから全員でリングアタックを体現でき、ディフェンスでは練習から意識していた3点のコミュニケーション、ポジション、ビジョンを発揮できたと考えております。
まだ部分的に甘い箇所が試合中に見受けられる場面がありましたが、そういった点を試合中や練習で修正していき、前期の残りの試合において勝利を掲げるよう精進して参ります。
引き続き応援の程よろしくお願い致します。

____________________

〈学生コーチ 森島〉
成城大学との初戦は、自分たちが目標とするバスケットを終始展開できた一戦でした。
新人戦後からチーム全体で取り組んできた「強いマンツーマン」を実践できた時間帯が長く、自分たちの力で流れを持って来られたと思います。

途中主導権を渡してしまいそうなシーンもありましたが、コート内で声を掛け合い、踏ん張ることができました。
今シーズンは、練習中から4年生を中心に場を引き締める声が出ることも多く、それが試合にも表れていると感じています。

この土日は久しぶりに有観客で試合を行うことが許され、普段から多大なるご支援や応援をくださっている皆様に直接活動を見ていただくことが叶っています。
精一杯プレーをしたり、チームを支えたりする姿をお見せすることで、日頃なかなかお伝えできていない感謝を表したいと思います。
残り2試合、応援してくださっている全ての皆様のご期待に応えられるよう奮励いたします。
引き続き、よろしくお願いいたします。

____________________

学習院大学籠球部男子マネージャー 濱口夏希

女子 練習試合結果報告

本日行われました、練習試合の結果をお知らせ致します。

〇学習院 40-30 国士舘大学(10分×2Q)
①21-20
②19-10

×学習院 25-32 日本女子体育大学(10分×2Q)
①16-13
②9-19

〇学習院 17-14 国士舘大学(10分×1Q)
①17-14

〇学習院 23-7 日本女子体育大学(10分×1Q)
①23-7

学習院大学籠球部女子マネージャー4年脇すみれ